風俗の扉を開けてみよう

見てるだけ。それでも風俗は楽しい

ホームページを見てるだけでも、風俗はそれなりに楽しめるものなんじゃないかなって思うんですよね。実際に風俗嬢と向き合えば楽しいのは言うまでもありません。それはそれでとっても楽しい時間になるのは当たり前なんですけど、どの風俗嬢と遊ぶのか、ホームページを見るなどしていろいろと考えるだけでも、それはそれで楽しいものがあると思うんですよね。だから自分は最近ではホームページを見る回数が圧倒的に増えています。ホームページを見ているだけでも男として何かを刺激されているような気がするんですよ(笑)それに、ホームページを見ることによってどんな風俗店なのかが分かるというか、お店の質…というと偉そうですけど、どれだけのものを用意しているのかも分かってくる部分があるんです。だから風俗ってホームページを見ているだけでも楽しいのはもちろんですけど、ホームページを見ることによって分かってくる部分もそれなりに多いんじゃないかなって思いますね。

楽しさを求めているから満足出来る

風俗では快感ではなく、楽しさを求めるよう心掛けているんですよ。これを心掛けるだけで全然違うと言っても過言ではないんです。大袈裟じゃなく、快感だけを求めるのではなく、楽しさを求めた方が楽しさの先に快感もあると思うので満足度が高まりますよね。女の子だってずっと快感だけを重視して焦って「会話なんて言いからサッサとしてくれ」な男よりも、会話までじっくりと喋ってくれるような男の方がいいんじゃないかなって思いますしね(笑)むしろ逆の立場であればやっぱり自分はそう思いますし(笑)だからあまり快感だけにがっつくのではなくて、余裕をもって楽しい時間を過ごそうとすることこそ、風俗で楽しむために何よりも必要なものなんじゃないかなって思うようになりましたね。そう思えるようになったってことは、自分もそれなりに成長しているのかなとも思いました(笑)それはともかく、風俗も基本的に男女のコミュニケーションの延長線上にありますしね。