風俗の扉を開けてみよう

とある環境が手に入ったんです

数か月ほど転勤というか、駐在って形ですかね。短期的なものなので、不動産を借りるのは面倒かなって。そう思っていたら会社がウィークリーマンションを用意してくれたんですよ(笑)ウィークリーマンションって名前は知っていましたけど、実際に足を踏み入れるのは初めてだなって。期待に胸を膨らませてウィークリーマンションでの生活を始めたんですけど、普通の家みたいですね。システムはホテルに近いのかもしれないんですけど、住んでいる限りは家。そもそも、外観から「あ、ここはウィークリーマンション」とは思わないですけど、そんなウィークリーマンションで風俗三昧の生活を楽しんできました(笑)短期的なものなので、妻は置いてきました。つまりは単身赴任だったので、それまででは出来ないようなことも思う存分楽しめるんです。だからウィークリーマンションに風俗嬢を呼んで、普段出来ないことを思う存分楽しませてもらえたんじゃないかなって。

同級生だったんですよ、昔

この前のソープ嬢、昔の同級生でした(笑)ホームページで見た時からピンと来ていたんですよね。こういった話は風俗の体験談とかでよく見ていましたけど、自分には無縁でした。だから風俗の都市伝説の一つくらいにしか思っていませんでしたけど、実際に自分がそのシチュエーションになると、やっぱり興奮するなって。彼女をホームページで見かけた時、顔を出しているのもあってすぐにピンと来たんです。それで彼女を指名したんですけど、彼女とはそこまで仲が良かったわけじゃないので、彼女には気付かれるか分からなかったんです。案の定、彼女はこちらには全然気付いていませんでしたので、それならそれでいいかなって思って途中までは「元同級生」じゃなく、あくまでもソープ嬢とお客として楽しんでいたんですけど、発射した後、彼女の方から「出身地は?」と聞いてきて。そこでいろいろと話して同級生だってことが判明した時にはさすがに彼女も苦笑いしていました。